TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

【開催中】美濃の新風 黒岩達大・田中孝 作陶展

2019.01.03
皆様、明けましておめでとうございます美ギナー おもち です。
本年も、当美術画廊に足を運んでいただくきっかけになれるよう、
拙文ながら、引き続きブログでの発信をさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


現在開催中の、 2019年最初の展覧会のご紹介をさせていただきます。

「美濃の新風 黒岩達大・田中孝 作陶展」

ご挨拶文の冒頭にて…
「黒織部沓型茶碗を代表する歪みの世界、
美濃は見方を変えると釉薬表現を最大限に芸術の領域まで昇華させた輝かしい土地です」 
とあり、多様な釉薬を使い分け、作品の表情もさまざまな作品たちが並んでいます。

面取りによるグラデーション。色。釉肌。
美濃の釉薬表現に魅せられ、互いに切磋琢磨しながら作陶されています。

お二人は、瀬戸黒での国指定重要無形文化財保持者 加藤孝造先生のもと「風塾」 のメンバーとして活動もされています。


今回の展覧会タイトルは「新風」。
挑戦を続ける先生方の作品を一部ご紹介いたします。

まず、釉薬の奥深さを感じていただけるよう酒器からご紹介します。


黒岩達大先生は

赤は赫釉
白は氷瓷(ひょうじ)
茶色は窯変茶釉
ねずみ色は貫入水晶釉
一番奥は緑釉
です。


田中孝先生は

白瓷
深みのある黄色の朽葉釉
ヒノキの断面のような柔らかい色合いの紅彩釉
写真だと少し暗めに写ってしまうのが残念です。


手前から、
黄瓷
窯変鉄釉
常盤織部
です。

釉薬の多様さに驚かされます。


色とりどりの酒器は技法や配合だけでもお二方の経験値が垣間見えます。


お正月にぴったりのこちら!

田中孝「七福神置物」
(前列左から恵比寿、大黒、弁財天、毘沙門天、布袋、福禄寿、 寿老人)
大きさは手のひらサイズとなっています。
常盤織部と、朽葉釉が主に使われており、全体的にやわらかい雰囲気になっています。
親しみやすく、 可愛らしいお顔つきになるように意識されたそうです♪




田中孝「朽葉釉扁壷」

田中孝「紅彩釉壷」

田中孝「常盤織部花入」




黒岩達大「緑釉花入」「緑釉環状瓶」

黒岩達大「赫釉カップ」



「氷瓷花入」





新年のお買い物にご来館の際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。


<黒岩 達大 略歴>

1970年 神奈川県横浜生まれ千葉県出身
1995年 岡山県備前陶芸センター修了
備前にて好本宗峯氏に師事
2001年 有田にて細工師北川美則氏に師事
2003~2006年 山口県周南市八代盆地にて築窯
2010年 岐阜県に拠点を移す
2012年 岐阜県可児市久々利大平にて作陶活動を再開
2015年 MOA美術館にて伝統工芸の現存性に釉薬花器を出品

公募展・賞暦
2014年 第45回 東海伝統工芸展 岐阜髙島屋賞
2015年 第21回 庄六賞茶盌展 金賞
第42回 美濃陶芸展 美濃陶芸大賞
第3回 陶美展 十四代柿右衛門記念賞
第46回 東海伝統工芸展 TOKI織部優秀賞
2017年 第10回 現代茶陶展 TOKI織部優秀賞
日本伝統工芸展 入選
菊池ビエンナーレ 入選
萩大賞展Ⅳ 入選

(公社)日本工芸会正会員



<田中 孝 略歴>

1978年 岐阜県土岐市に生まれる
1999年 多治見工業高校専攻科卒業
2006年 美濃の地に孝山窯を築窯する
2011年 日本工芸会正会員に認定される
2014年 東濃信用金庫「美濃陶芸作品永年保有事業」 に朽葉釉華紋花器が選定される

公募展・賞歴
2006年 東海伝統工芸展入選(以後毎年入選)
(13年 名古屋市長賞、14年 安藤氏賞、18年 名古屋教育委員会賞)
伝統工芸展 入選(09年〜14年、16年、18年入選)
2007年 日本陶芸展 入選(17年入選)
2013年 伝統工芸陶芸部会員 日本工芸会賞受賞
2014年 現代茶陶展 TOKI織部奨励賞
陶美展 入選(以後毎年入選)

(公社)日本工芸会正会員 日本陶芸美術協会会員


美濃の新風 黒岩達大田中孝 作陶展
1月2日(水)→8日(火)最終日は午後4時閉場
ギャラリーNEXT
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
ページトップへ