TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

髙島屋初個展☆佐藤竜馬作陶展開催中です

2019.03.29
皆さん、こんにちは♪

今週のギャラリーNEXTでは、佐藤竜馬作陶展を開催いたしております!
髙島屋初個展となります先生に、色々とお話しをうかがいました☆

1977年に秋田県に生まれ、その後名古屋で育たれました。
陶芸に興味をもち、高校・大学とで本格的に陶芸を学ばれ、卒業後は器作家のもとでお仕事をされていました。

ある日、多治見にある『たじみ創造館』にて、加藤孝造先生(人間国宝)の瀬戸黒の茶碗を鑑賞されたとき!!

作品に大きく心をゆさぶられ、いてもたってもおれず、次の日には加藤孝造先生の工房まで会いに行かれたそうです。
タイミングよく加藤孝造先生に直接お会いすることができ、しばらくお話をされた後・・・・心に秘めた思いを伝えられました。

『弟子にしてください!!』

残念ながら、そのときは加藤先生には断られてしまったそうですが、諦めきれなかった先生は何度も、何度もお願いし、様々なご縁のもと、とうとう熱のある言葉に心動かされた加藤孝造先生は、弟子になることを認めてくださいました☆

先生と過ごした6年間は『人としてのこと・陶芸のこと・食のこと』本当に多くの事を学ばれたそうです。


【瀬戸黒茶盌】

織部・志野・鼡志野など様々な作品を制作される佐藤先生ですが、いつか、加藤孝造先生の作品を拝見されたときに感じた
『心ゆさぶるような感動』感じていただけるような作品を制作できるようになりたい。とお話くださいました。



【紫志野茶盌】
作品を焼成する窯は2種類あり、織部の窯・志野・鼡志野などの窯と、特徴によって窯の壁の厚みを変えるなどし、また季節・天候によっても温度を調節されるなど微妙な加減にこだわり、制作されているそうです。


【緋之鼡志野花入】



どんな料理を置いてみようか♪そして、どんなお酒をのもうか♪
想像がふくらむ小品の作品も多く展開しております。


ぜひご来廊頂きまして、深みのある織部の緑、優しいピンク色に雪のような白い化粧の志野など手に触れてご覧くださいませ。
おまちしております☆


〈略歴〉
1977年・秋田生まれ
1993年・陶芸に出会う
2003年・加藤孝造(人間国宝)に師事
2016年・可児郡御高町次月に竜陶房を築き独立

佐藤竜馬作陶展
2019年3月27日(水)→4月2日(火)
最終日は午後4時閉場
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊・ギャラリーNEXT
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
ページトップへ