TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

心暖まる世界♪【玉野勢三乾漆彫刻展】

2019.11.27
皆さん、こんにちは♪
シゲッキー!です。

今週の画廊は、心暖まる表情や、安らぎを感じる風景などを制作されている、
『玉野勢三 乾漆彫刻展』を開催いたしております!


【天使と果実】
命の象徴である果物の上でノンビリ空想中でしょうか?
次は誰のところに幸せを届けるか思案中・・・♪

玉野勢三 乾漆彫刻展ー愛と慈しみの世界を求めてー
2019年11月27日(水)→12月3日(火)
最終日は午後4時閉場
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

「母と子」「子供」をテーマに制作を続けてこられている玉野先生。
「母と子」そこに存在するのは、まさに「無償の愛」
愛に包まれた子供達の表情は、見ている私たちも心がホッと癒され、なんだか勇気さえも湧いてくるような・・・♪
玉野先生が制作される彫刻は、そんな影響力を感じます。



【夢わらべⅡ】
最近の新しい試みとして、漆に顔料をまぜて色漆を作り、乾漆そのままの素材感に色彩を加えることで静物や風景といったモチーフにも取り組んでおられます。
漆の持つ奥深い魅力に色彩が加わり、よりリアルに作品の世界観が伝わりますね!


【リラと天使】

【そよ風ーレモンのある風景】
また今回は、「風のそよぎ」を意識した作品を多く発表されています。

玉野先生は『古代の人々は「風のそよぎ」や「水の流れ」「光のきらめき」など自然の息吹といえる世界に「神」を見いだし「魂」を感じて生きていました』とお考えです。

風にそよぐ揺らめきが感じられる作品です。



【こころのうたごえ】


子供達のハツラツとした表情、母が子を大事に思うまなざし・・・
そして、風のそよぎを感じる作品など、ゆったり時間を楽しんで頂ける会場となっております。

ご来廊お待ちしております☆




<略歴>
1954・大阪に生まれる
1973・京都市立日吉丘高校美術工芸コース彫刻科卒業
1982・愛知県立芸術大学美術学部彫刻科大学院研修科修了
1988・「おしくらまんじゅう」忠岡町庁舎前設置
「紀伊国屋文左衛門像」湯浅町設置
「与謝野晶子像」堺市設置
2009・「白球の夢」近鉄バッファローズ藤井寺球場跡地モニュメント設置
2013・サンエイミュージアムに作品設置







ページトップへ