TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

人間国宝 十四代 今泉今右衛門 ①

2020.06.05
みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております。ヒカルです。

只今大阪店美術画廊では、人間国宝 十四代 今泉今右衛門先生の新作を、ガラスケースで特集展開しております。

十七世紀、徳川幕府の献上品制作にはじまる色鍋島の名門、今右衛門家は代々の努力と研鑽により優れた名品を数多く残してこられました。
当代今右衛門先生は、歴史と伝統の継承に加え、時代と向き合い新しい発想で表現してこられました。
初期の色鍋島の技法にある地文様であった「墨はじき」技法を研究され、本来脇役であった白抜き技法を「主文様」として見出し、発展させながら新たな様式を確立されました。このような弛まぬ研鑽により、当代今右衛門先生は、2014年に史上最年少で「人間国宝(重要無形文化財)」に認定されました。

「墨はじき」技法が使われた作品は、静謐な世界を表現する「雪花墨はじき」作品や、意匠を凝らした「プラチナ彩」や色鮮やかで精緻に描かれた「花文様」が美しい調和を見せる作品など、新作を多数展覧いたします。

昨今の状況下で、ご来店の難しいお客様に少しでも作品をご覧いただけるよう出品画像をこちらのブログで多数掲載いたしております。お手元のスマートフォン、パソコンで是非 当代の今右衛門先生の作品を愛でてください。



1:色絵雪花薄墨墨はじき雪松文蓋付瓶


3:色絵雪花墨色墨はじき四季花文鉢


2:色絵薄墨墨はじき四季花文花瓶


4:色絵雪花墨色墨はじき菊文花瓶


5:色絵緑地藍色墨はじき果実草花文花瓶


6:色絵薄墨墨はじき稲穂四季花文花瓶


7:色絵雪花墨色墨はじき四季花文花瓶


8:色絵雪花墨色墨はじき菊文花瓶


9:色絵雪花墨色墨はじき四季花文花瓶


10:色絵薄墨墨はじき四季花文花瓶


11:色絵薄墨墨はじき四季花文花瓶




13:色絵緑地薄墨墨はじき草花更紗紋花瓶


14:色絵雪花藍色墨はじき果実文花瓶


15:色絵薄墨墨はじき四季花文花瓶


16:色絵吹墨墨はじき四季花文花瓶


17:色絵薄墨墨はじき梅文花瓶


18:色絵吹墨墨はじき水流文花瓶


19:色絵雪花墨色墨はじき果実文花瓶



20:色絵薄墨墨はじき果実文花瓶


お電話にて、ご相談ご購入もいただけます。
美術画廊 直通電話:06-6631-6382

尚、香炉や額皿などの作品はブログ『人間国宝 十四代 今泉今右衛門 ②』でご紹介させていただいております。



【十四代 今泉今右衛門・ 略歴】
1962年 佐賀県有田町に生まれる
1985年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(金工専攻)卒業
1988年 京都・鈴木治先生に師事
1990年 有田・父、十三代今右衛門の許、家業に従事する
1998年 第45回日本伝統工芸展 工芸会会長賞受賞 正会員に推挙される
2002年 十四代今泉今右衛門を襲名
2004年 日本伝統工芸展 東京都知事賞受賞
2008年 MOA岡田茂吉賞 工芸部門優秀賞受賞
2009年 紫綬褒章受章
2010年 日本工芸会 理事に推挙される
2012年 日本工芸会西部支部の幹事長に推挙される
日本陶磁協会賞を受賞
2014年 有田陶芸協会 会長に推挙される
            重要無形文化財「色絵磁器」の保持者に認定される
2017年 仏、バカラ社との共同制作「Baccarat meets IMAEMON」を発表
奈良・薬師寺 食堂 落慶に際し三具足を奉納する
2018年 佐賀県陶芸協会会長に就任


【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

ページトップへ