TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

加藤 溪山 青瓷展

2020.06.10
こんにちは!
「加藤 溪山 青瓷展」のご案内です。
青瓷は鉄分を含んだ釉(うわぐすり)を還元させ、青色を呈する磁器です。
今展では中国の宋・元に倣った砧青瓷、天龍寺青瓷を中心に牙黄磁による
香炉・花生、香合など、多数の新作を発表いただいております。
陶芸を始められて50年! 節目となる加藤溪山先生の力作をご覧くださいませ。

加藤 溪山 青瓷展
2020年6月10日(水)→16日(火)
※最終日は午後4時閉場
お電話にてご相談、ご購入もいただけます。
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

<展示作品>

「天龍寺青瓷耳付花生」約44×径18cm


「均窯花生」約27×径15cm


「砧青瓷千鳥香炉」約15×径16cm


「砧青瓷片口器」約11×24cm 挿花:山村御流


「会場」

【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】



ページトップへ