TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

-共振する水と土と- 天坊庸子 作陶展

2020.07.01
こんにちは♪
「天坊庸子作陶展」のご案内です。
今展では、先生が近年取り組まれている練り込み技法を
取り入れた作品を中心に展開されています。
特に白の化粧土を施した作品は、灰釉や粉引をおこなう
工程において、自然の水や空気・景色など常に意識され、
花器・陶板・器・陶板・皿・盃など、多くの作品を制作
されています。

<出品作品>

陶板「青の諧調Ⅰ」


練り込み 花器


練り込み花器「山並み」 挿花:山村御流


白泥流文掛花生/削ぎ手釉彩花生


灰釉 花器


押し葉 組鉢(5客)

-共振する水と土と- 天坊庸子 作陶 展
2020年7月1日(水)→7日(火)
※最終日は午後4時閉場
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

『お買上のご検討やお問い合わせなど、どうぞお気軽に美術画廊までご連絡ください。』

<作家略歴>
・富山県高岡市に生れ
・京都工芸繊維大学工学部意匠科卒業
・廣永窯・坪島土平先生に師事
1979年 高槻市にて制作を始める
1995年 髙島屋大阪店にて初個展


~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
ページトップへ