TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

【開催中】日本伝統工芸展出品作家による100碗企画

2020.06.12
皆様、こんにちは!ヒカルです。
本格的な梅雨の時期がまいりました。お元気ですか?

現在、美術画廊前のガラスケースでは、『日本伝統工芸展出品作家による100碗企画』を展覧しております。
今年は、昨今の情勢から弊社催しが中止となり、5月に開催を予定しておりました『第49回日本伝統工芸近畿展』も残念ながら中止となりました。
こちらの展覧会で企画予定しておりました、日本伝統工芸展出品作家による100碗企画を、只今美術画廊で提案させていただいております。

それぞれの作家が、暮らしの中で楽しんで使っていただけるコーヒーカップ、マグカップ、グラスなどの作品をご提案しています。

お気に入りのひと碗とのお出会いがありましたら、是非お気軽にお声かけください。

お電話でのご注文やお問合せも承っております。
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
美術画廊 直通電話:06-6631-6382



本多 亜弥 : 染付カップ&ソーサー


山中 辰次 : 青瓷珈琲カップ



浅田 尚道 : Cafe Mug



猪飼 祐一 : 灰釉彩 珈琲碗



神山 直彦 : 珈琲器



横山 真理子 : 染付ブドウマグカップ




水野晧介 : 彫文磁杯


近藤 知子 : 灰釉泥彩カップ



白藤 晴久 : 森のガラス



渡邊 明 : 切子洋酒杯


黒田 敬子 : コーヒーカップ&ソーサー「清雅」


竹村 陽太郎 : 釉泥彩コーヒーカップ



青木 義雄 : タモ造珈琲椀(朱)



猪飼 祐一 : 灰釉彩珈琲碗


ピーター ハーモン : 青白磁刻文四方カップ

古野 勢兒 : 鉄釉珈琲碗


平井 明 : P-type



中原 幸治 Marble  effect/W



森田 由利子 : 青釉幾何学文カップ&ソーサー

■日本工芸会及び日本伝統工芸展とは・・・・
公益社団法人日本工芸会は、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体です。
 現在、工芸分野重要無形文化財保持者含め正会員約1,200名が所属しています。下部組織として全国9支部(東日本・東海・富山・石川・近畿・中国・山口・四国・西部)があり、その地域の伝統工芸の向上発展に注力。又、伝統工芸の専門分野別の組織として7部会に分け、(陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸)分野毎の研究会及び、年一回の部会展を開催し、伝統工芸技術の発展と向上のために活動しています。
 文化庁・NHK・朝日新聞社と主催する日本伝統工芸展は、昭和29年から年一回毎年開催されています。
 

ご来店お待ちしております。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
美術画廊 直通電話:06-6631-6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

ページトップへ