TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

中村ゑ美こ・清吾 親子展

2020.07.31
こんにちは♪
4回目を迎える「中村ゑ美こ・清吾親子展」のご案内です。
お二人は、有田焼の産地として知られる有田の地で日々、作陶に取り
組まれておられ、今展が3年ぶりの個展となります。
ゑ美こ氏の父中村清六氏は、佐賀県有田市にて高麗庵清六窯を構え、
ロクロの名手として多くの陶芸家から尊敬され、その技量を後世に
残そうと後継者育成にも積極的に取り組まれました。
ゑ美こ氏もその教えのもと、モダンな感覚で和紙染めによる染付け
作品を手掛け、清吾氏は轆轤技術を駆使しシンプルでシャープな白磁
作品を制作されています。
鉢・壺・花器・花瓶・香炉・器など、和紙染・染付と白磁が織りなす
美の世界を発表されていますので、是非ご覧くださいませ。

<出品作品>
【中村ゑ美こ】

「染付ぐい呑」(左)/「染付徳利」(右)


「染付珈琲碗」


「七宝地紋壷」


「和紙染鉢」


「和紙染皿」


「和紙染香炉」

<作家略歴>
【中村ゑ美こ】
1947年 佐賀県有田町に中村清六の長女として生れる
1968年 前田泰昭氏、斉藤勉氏に染付を学ぶ
2004年 髙島屋大阪店にて個展開催(以降'06、'08、'10)
2005年 九州山口陶磁展 佐賀新聞社賞
2006年 日本伝統工芸展入選
2011年 日本工芸会正会員認定
2012年 髙島屋大阪店にて「中村ゑ美こ・清吾親子展」開催(以降 '15、'17、'20)
2016年 佐賀県陶芸協会会員となる

【中村清吾】

「白磁ぐい呑」


「白磁珈琲碗」


「白磁壷」


「白磁鉢」


「白磁花器」


「白磁香炉」

<作家略歴>
1975年 佐賀県有田町に中村清六の孫として生れる
1998年 九州大学卒業後、清六窯にて修行
2002年 日本伝統工芸展入選
2005年 日本工芸会正会員認定
2006年 西日本陶芸選抜三十人展出品
2008年 九州国立博物館「工芸のいま伝統と創造展」出品
2010年 美の予感2010(髙島屋大阪店)
2012年 髙島屋大阪店にて「中村ゑ美こ・清吾親子展」開催(以降 '15、'17、'20)
2013年 日本伝統工芸展 東京都知事賞
2019年 菊池ビエンナーレ大賞

『お買上のご検討やお問い合わせなど、どうぞお気軽に美術画廊までご連絡ください。』

中村ゑ美こ・清吾 親子展
2020年7月29日(水)→8月11日(火)
※最終日は午後4時閉場
☆=====☆☆=====☆☆=====☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆=====☆☆=====☆☆=====☆

~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
ページトップへ