TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

松﨑和実展-吉祥-(箔画)

2020.11.26
こんにちは♪
今週の画廊催「松﨑和実展」をご紹介させていただきます。
松﨑先生は2004年まで墨を使った画家集団ISAM(International Sumi Art Movement)に参加され、水墨画の世界で旺盛な活動を展開されていましたが、そののち高松藩の衆鱗図に着想を得たのが転機となり、独自の技法「箔画」を編み出されました。
作品は対象物を緻密な描写により浮かび上がらせることで、画面の中には生き生きと躍動感あふれる生命力が表現さています。
新年を迎えるまで残すところ1カ月余りとなりました。今展は、幸福・繁栄など縁起がよいと言われる"吉祥"をサブタイトルとし、魚や鳥をメインに牛・虎、四神や麒麟などの吉祥画の新作を発表いただいております。

<出品作品>

「牛図Ⅱ」F10


「竹虎図」F10


「仔鯛」SM
※岐阜の美濃和紙に描かれた仔鯛。魚影が美しく表現されています。


「流翠図」F3


「双禽図」57×27㎝


「白虎」F4
※パネルに金を塗り、その上に和紙を貼って白虎が描かれています。
白虎の裏に貼られたプラチナ箔が、より一層「白虎」を引き立てています。


「錦鯉」F10



<会場>

『お買上のご検討やお問い合わせなど、どうぞお気軽に美術画廊までご連絡ください。』

松﨑和実展-吉祥-(箔画)
2020年11月25日(水)→12月1日(火)
※最終日は午後4時閉場
☆===☆☆===☆☆===☆
大阪店6階西ゾーン 美術画廊
直通電話 06−6631−6382
☆===☆☆===☆☆===☆

<作家略歴>
1969年 宮崎県都城市生まれ
1996年 上京 墨を使った画家集団ISAMに参加(~'04)
2004年 以降、「箔画」にて制作・発表を開始
2009年 個展「箔画Ⅱ」(都城市立美術館)、髙島屋美術水族館に出品
2013年 個展「水奏曲」(髙島屋:日本橋、横浜)
2014年 個展「水中の物語」(髙島屋大阪店)
2017年 個展「箔と墨」(髙島屋:大阪、日本橋、横浜、京都)
2018年 敦煌美術研究所にて講演(中国、敦煌市 莫高窟)
2019年 個展「令和の花鳥」(髙島屋日本橋店)


~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
ページトップへ