TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

第15回 個の地平

2021.09.12
皆様こんにちは✨
美ギナーおもちです

「個の地平」のご紹介です。

2007年「アーティストは個の地平を持ち、みずからそれを切りひらき、確かな個を輝かせなければならない」
という志のもと、国画会の中心メンバーであり現代洋画壇を牽引される先生方で立ち上げられました。
今回で15回目の開催です‼️

地球規模での新しいライフスタイルへの変化が求められているなかで、
新メンバー4名を加え、芸術がもつ力を信じる先生方が一層、真摯に作品と向き合い、
変わらぬ哲学と美学を芯に強く持ちながらご制作をされています。

作品が社会に与える力と理想の未来を見つめた意欲作を一堂に展覧しております。

第15回 個の地平
会期:2021年9月8日(水)~9月14日(火)
※最終日は午後4時閉場
※営業日、営業時間は変更になる場合がございます


今回より加わったメンバーも、モチーフや画材に、明確な個性を確立されています。
大作の中でも世界観が際立ち、それぞれが一度目にすると忘れられない力のある作品です。





城 康夫先生「景・21-02」


増地保男先生「ソーシャルディスタンス(糸電話)」
鹿やイノシシがたくさんいる自然豊かなところにアトリエを構えていらっしゃる増地先生。
草刈りをしていたら足元の生い茂った草たちに埋まっていた井戸に落ちた、というまさかのエピソードが。
(大きなお怪我無くて本当に良かったです!!!!!)
「勢いのある若者に、追い越されまいと頑張ってます!」と仰ってました。
な、長生きしてくださいっっ!



五島綾子先生「Blue-air-」
近くで鑑賞すると、その繊細なひとつひとつの気泡にたくさんの色が閉じ込められています。
「泡」は発生と同時にその場に存在するすべてを映しこむ不思議なモチーフとして、
たまたま浪人生時代に刷毛から出た気泡に出会って以降、魅了され続けているそうです。



前田昌彦先生「近衛兵とWドレス」


田中いっこう先生「音」
制作の過程のひとつに、壁にかけてみるそうです。
離れて見たり、時間を置くことで「画面が成立しているか」を大切にされています。
今回は、例年よりも白っぽく、色数をおさえた作品となっています。



稲垣考二先生「金色衣装」


小川浩司先生「Zoo 江都駿河町三井見世略圖より」
エスキース(完成予定のものを縮小したもの)なしなんです、と教えてくださいました。
いきなりこのサイズで描かれており、100号という大きな作品ならではの構成の難しさなども何のその!
モチーフは主に鎌倉・湘南・江の島の風景で、先生の地元を描いていらっしゃいます。
(富士山が見える場所にご自宅があるそうで、新幹線の中からでしかお目にかかれない生粋の関西人美ギナーとしては憧れます~><)
こちらの作品は近年のテーマとしている葛飾北斎の富岳三十六景のうちの一つとなっています。
ぜひ、「江都駿河町三井見世略圖」で検索してみてください♪

作品のこだわりのひとつに、耐久性を上げるために顔料以外のすべての画材を自作しているそうです。
マットな絵の具は、テンペラ(顔料に卵黄を混ぜたもの)で、そこに膠や一年寝かせたでんぷん糊も混ぜ、三原色と白のみを使っているそうです。
一年ほど日本画を描かれたこともあるそうです。膠の扱いは日本画の経験故ですね!
基底材となる布は一般的な麻ではなく綿を用いており、完全に凹凸をなくすために地塗りは40層も重ねられています。
自然のものだけを使っているため、時を重ねるごとに経年変化で色がより鮮やかにくっきりしてくるそうです!



梅沢希人先生「UMAと」



安達博文先生「虹立つ」


田代甚一郎先生「森は光に満ちて」


井上 悟先生「発車のベルがきこえた」



佐々木豊先生「合奏」


大沼映夫先生「作品2021-6」


津地威汎先生「月あかり」



大沼 蘭先生「ou topos 空中庭園」
こちらの作品は、
横にエスキースとして0号の作品があります。

100号は未完…ではなく、この線を残した状態で完成としていて、
これは完成なのか…と疑問を持つことで
「考える体験型アート」としている作品です。
美ギナーも画廊内でほかの先輩方に感想を求めるなど、蘭先生の策中にハマってしまいました~!





第15回 個の地平
会期:2021年9月8日(水)~9月14日(火)
※最終日は午後4時閉場
※営業日、営業時間は変更になる場合がございます


~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】



お電話でのご用命も承っております。
ご要望の際はお気軽に大阪高島屋美術画廊までお問い合わせくださいませ。
お問い合わせ先:06ー6631ー1101(代表)6階美術画廊



一部の作品しかご紹介できておりませんが、
髙島屋大阪店美術画廊の公式インスタグラム(アクセスはこちら)では
画廊内を撮影した動画も掲載しております!
ぜひフォローよろしくお願いいたします。


髙島屋オンラインストアでは多数のアート作品、お茶道具も販売しております!
美術品がお好きな方へのプレゼントにもご対応できるよう、アートグッズなど一部の商品ではギフト梱包も承っております。
タカシマヤオンラインストア内
絵画・版画・書道はこちら↓
https://www.takashimaya.co.jp/shopping/interior/000871/item_list.html
アートグッズはこちら↓
https://www.takashimaya.co.jp/shopping/interior/0800000592/item_list.html
茶道具はこちら↓
https://www.takashimaya.co.jp/shopping/interior/0800001025/
ページトップへ