TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

誠に勝手ながら「TAKASHIMAYA BLOG」は
2022年2月28日(月)をもって
終了させていただきます。
これまで当ブログをご覧くださったお客様には
心より御礼申しあげます。
今後は、各店舗のWEBサイトをはじめ等で最新情報をお届けいたします。
引き続き高島屋をご愛顧賜りますよう
心よりお願い申しあげます。

伊藤 北斗作陶展

2021.12.04
皆様、こんにちは。「Mr.ぐい呑」です。

早くも師走に突入し、今年もあと1カ月となりました。

残り1カ月を、無事乗り切り1年をいい形で締めくくりましょう。

さて、今週の髙島屋大阪店6階美術画廊では

12月1日(水)→12月7日(火)の期間(※最終日は午後4時閉場)

伊藤北斗 作陶展 を開催いたしております。

伊藤北斗先生は1961年に東京でお生まれになられ。
1987年に東京藝術大学美術学部工芸科を卒業になり
1989年東京藝術大学大学院陶芸専攻修了後に
人間国宝であられる藤本能道氏の内弟子となられ
現在は、日本工芸会正会員として個展を中心に
ご活躍されておられます。
今展は、そんな伊藤北斗先生の2019年以来の
3回目となる個展となります。
それでは、早速作品のご紹介に移ります。



「釉刻色絵金銀彩茶碗」

伊藤先生独自の「釉刻色絵金銀彩」技法を駆使して
制作された茶碗(磁器作品)です。
「釉刻色絵金銀彩」技法とは、轆轤で形成した磁土を
乾燥させ、削って型を作り素焼きを行い、次に透明釉を掛け、
作品によっては色の釉薬を点描で絵付けし約1250℃で本焼きを行い、
その後に上絵付を約810℃で数回行い
(回数は作品によって異なるとのことですが、多くて4回
程とのことです。)上絵付を行う際には残す色(絵)部分に
マスキングを行ったり、針金状のもので作品を削り柄や
絵付けする輪郭を作ることを行います。
そして、最後に金・銀を約780℃で焼き付け
完成するとのことです。
上の作品で説明しますと、1枚目の写真の正面部分に
色の釉薬を掛け本焼きを行います。
(この時点では、下の写真の右半分は何も色がついてなく
磁器の肌地が残っている状態です。)
その次に色絵付けとして、1枚目の写真の正面菱形部分に
マスキングをすることや、本焼終了時には地肌であった部分に
他の色目を付けていきます。この過程のなかで、菱形部分に
見られる削り柄を入れていきます。
そして、最後に作品中央に描かれている魚の絵部分に
金・銀を焼き付けて完成となります。


「釉刻色絵金銀彩皿」

「釉刻色絵金銀彩皿」裏側アップ図


「釉刻色絵金銀彩面取壺」


「釉刻色絵金銀彩筥」


今回の展覧会ではいつもに増して、黄色、オレンジ
赤、緑などの明るい色使いの作品が多いのが特徴です。
その理由を伊藤先生にお尋ねすると、現在のコロナ渦で
作品を見ていただく方々に少しでも心穏やかに
なっていただきたいとの思いからとのことです。
2枚目の写真をご覧いただくとお分かりになると思いますが
作品の裏側部分にもこだわりを持たれ制作されているのが
よくわかります。


「釉刻色絵金銀彩大鉢」

こちらの作品は白色がベースとなった作品です。
まるで水の中をイカが泳いでいるかのように
見えてくる作品に仕上がっています。


「釉刻色絵金銀彩鉢」

こちらの先品も、今展の特徴であるカラフルで明るい
色目の一つである赤をベースに金色で絵付けされた
鳥がモチーフの作品となっています。


「釉刻色絵金銀彩汲み出し」の集合

こちらの先品も、今展の特徴であるカラフルで明るい
色目を使用した汲み出し作品です。
見ているだけで、心穏やかで楽しい気分になりますね。





「会場風景」


「伊藤北斗先生」

伊藤先生は12月3日(金)、4日(土)、5日(日)に在廊予定です。


一部の作品しかご紹介できておりませんが、
髙島屋大阪店美術画廊の公式インスタグラム(アクセスはこちら)では
毎週、画廊内をぐるっと撮影した動画も掲載しております!
ぜひフォローよろしくお願いいたします。





伊藤北斗  作陶展

会期:2021年12月1日(水)→12月7日(火)
※最終日は午後4時閉場
※営業日、営業時間は変更になる場合がございます


お買上のご検討やお問い合わせなど、どうぞお気軽に美術画廊までご連絡ください。
お電話でのご用命も承っております。
ご要望の際はお気軽に大阪高島屋美術画廊までお問い合わせくださいませ。
お問い合わせ先:06ー6631ー1101(代表)6階美術画廊

~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
ページトップへ