TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

誠に勝手ながら「TAKASHIMAYA BLOG」は
2022年2月28日(月)をもって
終了させていただきます。
これまで当ブログをご覧くださったお客様には
心より御礼申しあげます。
今後は、各店舗のWEBサイトをはじめ等で最新情報をお届けいたします。
引き続き高島屋をご愛顧賜りますよう
心よりお願い申しあげます。

現代工芸家による新春を寿ぐ酒器展

2021.12.22
皆様、こんにちは、「Mr.ぐい呑」です。

2021年もいよいよカウントダウンとなってまいりました。

それでは髙島屋大阪店で現在開催中の展覧会をご紹介いたします。

12月22日(水)→28日(火)の期間(※最終日は午後4時閉場)

現代工芸家による新春を寿ぐ酒器展を開催いたしております。

今展は現代のアートシーンにおいて活躍する20名の工芸作家による
酒器をメインとする毎年この時期に開催いたします
恒例のグループ展です。
陶磁器とガラス素材の杯、ぐい呑、とっくり、片口などの
酒器に加え、本年は新春の「床飾り」としてお使いいただけます
各作家の作品もあわせて展観いたします。
それでは。作品のご紹介に移ります。


「左)丘の上で抱きしめて 右)それは何よりです」 瀧知子先生


「左)ルリ釉彩花器 右)灰釉彩ぐい呑」 市野秀作先生


「左)彩りの小匣 右)祈る人」 奥島圭二先生


「左)白磁窯変注珠 右)白磁窯変盃」 松本治幸先生


「左)CONGLOMERATE  SQUARE  SQUARE
   右)CONGLOMERATE  Malus  pumila  var .(divide)」
    田中雅文先生


「左)レース紋様花器 右)線銀彩グラス」 佐々木伸佳先生


「左)色絵唐草文ぐい呑 右)色絵貼花仔羊乳器」 樽木野淑子 先生


「左)天泣 右)余映」 土橋隆弘 先生


「左)滝縞花入 右)四足ぐい呑」 番浦匠 先生


「左)秦紋香炉 右)秦紋酒器」 加藤美樹先生


「左)花器 煌麟 右)ぐい呑寅 白藤晴久先生


「左)五角のギザギザ 右)花文緑千筋とくり」 川尻潤 先生


「左)彫地紋伏せ香炉 右)彫紋博羅尼酒盃」 南繁樹先生


「左)ジュウオウムジン 右)パンダの過ごしかた」 井上真利先生


「左)黒彩磁小壺 右)ぐい呑」 鹿谷敏文先生


「左)瓢箪からトラ 右)蛙のぐい呑」 井尻杏那 先生


「左)青白磁面取壺 右)青白磁水蛍酒盃」 井倉幸太郎 先生


「左)透光練込皿<bloom> 右)透光練込ぐい呑」 金田萌永 先生


「左)伊賀耳付花入 右)伊賀徳利」 中村宏太郎 先生


「左)雲中一閑象 右)盃」 北浦真保 先生






「会場風景」

一部の作品しかご紹介できておりませんが、
髙島屋大阪店美術画廊の公式インスタグラム(アクセスはこちら)では
毎週、画廊内をぐるっと撮影した動画も掲載しております!
ぜひフォローよろしくお願いいたします。





現代工芸家による新春を寿ぐ酒器展

会期:2021年12月22日(水)→12月28日(火)
※最終日は午後4時閉場
※営業日、営業時間は変更になる場合がございます


お買上のご検討やお問い合わせなど、どうぞお気軽に美術画廊までご連絡ください。
お電話でのご用命も承っております。
ご要望の際はお気軽に大阪高島屋美術画廊までお問い合わせくださいませ。
お問い合わせ先:06ー6631ー1101(代表)6階美術画廊

~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。
【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協力をお願いいたします。】
ページトップへ