TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

【和菓子売場】 夏越しの祓えに『水無月』を食べましょう!

2021.06.17
皆様こんにちは!和菓子売場のおかちゃんです。
もう6月も中旬ですね・・
今年も半年が経とうとしています。月日が経つのは早いものです。

さて、6月30日は『夏越しの祓え』と呼ばれる神事が多くの神社で行われます。
これは、6月と12月の年に2回、半年の間に身についた穢れを清める神事で、
6月に行われるのを『夏越しの祓え』、12月は『年越しの祓え』と呼ばれ、無病息災を祈ります。

夏越の祓えには、「水無月(みなづき)」という和菓子を食べる風習があるのをご存じですか?
水無月は6月の和菓子として親しまれ、暑気払いになるといわれています。

そこで、今回は和菓子売場でおすすめの水無月をご紹介します!


口あたり良く仕上げた葛製外郎に厄除けの小豆をたっぷりとのせました。
小豆は丹波大納言を使い、粒をつぶさないよう丁寧に、切り口も美しく仕上げました。
<たねや>水無月(2個入)756円【6月24日(木)→30日(水)の販売】



氷の形に見立てた外郎の上に、馬路産大納言小豆をたっぷりのせた風味豊かに仕上げた水無月。
<鶴屋吉信>水無月(3個入)810円【6月29日(火)、30日(水)の販売】



吉野本葛を使用した水無月。
<鶴屋八幡>水無月(3個入)1,404円【6月28(月)→30日(水)の販売】


氷に似せた外郎生地に厄除けの小豆をちらした水無月。白2個、抹茶2個の4個入。
<鼓月>水無月(4個入)843円【6月29日(火)、30日(水)の販売】


 
もちもちとした外郎生地に大納言小豆をのせた水無月。
<叶匠壽庵>水無月(4個入)864円【6月29日(火)、30日(水)の販売】

皆様、お好みの水無月はありましたか?
今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝するとともに、後半も元気に過ごせますように・・・

※いずれも品切れの際はご容赦ください。

~安全にお買物いただくために、お客様にもご協力をお願いします~
◎店内混雑緩和のために、少人数でのご来店をお願いします。
◎店内の混雑状況により、フロア、売場への立ち入りを制限させていただく場合がございます。
◎入店時にはマスク着用、手指の消毒、館内のレストラン・喫茶では、マスク会食へのご協力をお願いします。
◎入金などでお待ちいただく場合は、お客様同士の間隔をあけていただくようお願いします。
◎体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来店をおひかえください。

※画像はイメージです。
※お問い合わせ:髙島屋大阪店 地階 和菓子売場
※電話:06-6631-1101(代表)
ページトップへ