TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

今注目のボトラーズ!<アリスターウォーカー>特集

2020.02.10
皆さまこんにちは。
ウイスキー姉さんこうめです。
まだまだ寒いですが、節分が過ぎて季節はゆっくり春に向かっています。
気持ちも上がるウイスキー、今回もご紹介しますよ♪

■今注目のボトラーズ!<アリスターウォーカー>特集



ペールトーンが春らしくて可愛いですね。
飛行機ラベルの「ボトラーズウイスキー」です。

そもそも「ボトラーズ」って何でしょう?
それは『瓶詰め業者がアレンジしたウイスキー』のこと。
ウイスキーの販売元は、大きく分けて2つあります。
①オフィシャル…蒸留所が自分の蒸留所ラベルを貼って販売するもの。
②ボトラーズ…瓶詰め業者が蒸留所から気に入った樽を買い上げ、瓶詰め業者のラベルを貼って販売するもの。

元々蒸留所は小規模で瓶詰めまでの設備を持ち合わせていないことが多く、瓶詰め業者に依頼して自分のウイスキーを詰めてもらいます。すると①になります。
しかし、中には遊び心のある瓶詰め業者が「おたくのウイスキーのこの樽をこの期間寝かせたヤツを造ってみたら面白いんちゃう⁈」と考え始めるようになり、②が出来上がりました。
①のオリジナルと、②のアレンジされた味を飲み比べると楽しいですよ〜♪
見分けるポイントはラベル!
①には『蒸留所名』しか書かれていませんが②のラベルをよくよく見ると『瓶詰め業者名』と『蒸留所名』が書かれています。
アリスターウォーカーは②の「ボトラーズ」になります。

さて話は元に戻りまして、
この子たちの蒸留所は、飛行機ラベルの背景の色によって異なります。
赤→アイラ (スモーキー&ピィーティー)
黄→ ベンリネス(爽やか)
緑→ ロイヤルブラックラ(気品)
青→オークニー(スモーキー&潮)
紫→ フェッターケアン(硫黄系のモワッとした旨味)
※赤と青は場所の名前で、蒸留所名はシークレットです。当ててみましょう!

それぞれの蒸留所の個性がありながらも、全体的には穏やかで優しい麦の味がじんわりと広がります。
アルコール度数が54〜59%とかなり高めなのですが、スーッと飲める、ある意味危険⁈なお酒です。

お父さんはグレンアラヒー蒸留所を手掛けたビリー・ウォーカーさんで、ご自身も長年に渡りベンリアック蒸留所で勤めていた、アリスター・ウォーカーさんの実力をぜひお試しください。



ちなみに量り売りもしておりますので少量からお求めいただけます。
数量限定ですのでお早めに!

梅の咲くこのシーズン、こうめ姉さんがお待ちしております☆

 ワイン好き必見! タカシマヤオンラインサイトではお勧めのワインをご紹介しております。
是非こちらもご覧くださいませ。
大阪店ワインエキスパートとワインの世界へ
■大阪髙島屋 地階 和洋酒売場
■お問い合わせ先 06-6631-1101(代表)
ページトップへ