TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

この人だぁれ?ウイスキーラベルの人物特集♪

2020.09.09
皆さまこんにちは。
大阪タカシマヤのウイスキー姉さん、こうめです。
猛暑もようやく落ち着きをみせてきたようで、夕方には涼しい鈴虫の音色が聞こえてきたり・・・。
少し心がホッと落ち着く、9月が始まりました。
ウイスキーもグビグビ豪快に飲めるハイボールから、じっくり味わえる飲み方にシフトチェンジ!ですね。
飲みながらラベルを眺めてみると・・・「ん?この人誰やろ?」と思ったことございませんか?
今回はそんな人物のご紹介です☆

◾️この人だぁれ?ウイスキーラベルの人物特集♪
ずらりと並んだこの五人衆。
実在の人物から架空のキャラクターまで様々です。
ご存知の人物はいらっしゃいますか?
何人かピックアップしてご紹介いたしますね。

①ストライディングマン
 写真の真ん中で颯爽と闊歩する紳士。
おなじみジョニーウォーカーのキャラクターです。
ブレンデッドウイスキーが花開く時代、1909年に誕生しました。
『四角いボトル』『斜めに貼られたラベル』と共に目を引くキャラクターは、何ともオシャレで世間をあっと言わせました。
1934年には英国王室御用達の栄誉を授かっています。
ちなみにジョニーウォーカーという商品名は創業者ジョンの愛称に因んで付けられました。
さてジョニーウォーカーには赤ラベルや黒ラベルがありますが、ブルーラベルは最高峰です。
「一万樽に一樽」といわれる希少な原酒のみを用いており、年数の表示こそないものの、なかには50~60年以上も熟成させた原酒も使われているのだとか。
口あたりはスムースで豊潤、上品でありながらも微かにスモーキー。
今回はグレンケアン社のクリスタルグラスが2つ付いた特別セットを入荷致しました。
大切な方への贈り物にどうぞ。

②ロバート・バーンズ
実はこの中で唯一の実在人物です。
スコットランドの国民的詩人で、1/25の誕生日には世界中のスコットランド人が腸詰を食べ、彼の作詞した『蛍の光』を歌うそうです。
そう、私達が卒業式に歌ったあの『蛍の光』です!
国が変われば、歌うシチュエーションもこんなに変わるのですね。
彼の顔をあしらったこのシングルモルトは、人気のアラン蒸留所の原酒が使われています。
柑橘系の爽やかさに少しシナモンのようなスパイスが効いてます。
秋の入り口にぴったりなウイスキーです。

③トーマス・パー
本当におられたのでしょうか?
なんと152歳9ヶ月のご長寿だったとか。
1871年にウイスキー会社を立ち上げたグリーンリース兄弟は、英国史上最高齢のパーさんにあやかって、自社の自慢のウイスキーに『オールド・パー』と名付けました。
その願いは叶い、現代も幅広い世代から愛されています。
12年、18年ものに続き、もっと気軽に老舗の味を楽しんでもらおうと、去年に『シルバー』が発売されました。
品がありながらも爽やかな味わいで、水やソーダで割っても伸びがいいです。
和食との相性もバツグン☆
敬老の日の贈り物にも是非どうぞ。

後の2名については・・・売場で直接ご紹介いたします♪
今回も数量限定のものがございます。
売り切れの際はご容赦くださいませ。
初秋は素敵なウイスキーラベルとカンパイしませんか?  

【ご来店の際には、「混雑緩和」と「安全対策」にご理解とご協⼒をお願いいたします。】
ワイン好き必見! タカシマヤオンラインサイトではお勧めのワインをご紹介しております。 是非こちらもご覧くださいませ。
大阪店ワインエキスパートとワインの世界へ
高島屋オンラインストア「大阪店ワインエキスパートとワインの世界へ」はこちら

■大阪髙島屋 地階 和洋酒売場
■お問い合わせ先 06-6631-1101(代表)
■お電話でのご注文も承ります。
※2020年9月9日(水)10時時点の情報です。 営業時間など、店舗の最新情報はホームページをご覧ください。

ページトップへ