TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

【予告】龍村織物美術展 ⑤ 龍村美術織物の織物たち

2019.05.07
みなさま、こんにちは。龍村織物美術展【予告】5日目です。

本日は、龍村美術織物の織物のおはなし
 
タカシマヤでは初代・龍村平藏と高島屋・飯田新七の出会いにより龍村錦帯の制作が始まり
それ以来『龍村錦帯』はタカシマヤでのみ販売させていただいており今日に至ります。
 
数々の龍村錦帯の中でも代表作が『威毛錦(おどしげにしき)』
1938年(昭和13年)ベルリンで開催された第1回国際手工業博覧会にて金賞を受賞しています。
武将たちの鎧である威毛の美しさに着目し、初代・龍村平藏が生み出した『威毛錦』は
女性の身を護るという意味合いを篭めた図柄で、その思いをこめてご両親がお嬢様の
お嫁入り道具にお選びになる帯でもあります。
 
今回の催では過去の作品の見本裂を元にお好きな柄で袋帯をオーダーメードで制作いたします。
また、龍村裂地切り売りや、札入れ・ネクタイ・テーブルセンターなど雑貨もご用意。
身近に『龍村』を感じる品揃えもご用意しております。
 
5回に渡っておつきあいいただきありがとうございました。
日本の黎明期に織物の新時代を切り開いた初代・龍村平藏。
織物に込められた物語に触れてみませんか?
龍村平藏の熱き心に出会える1週間です。
 
□龍村織物美術展
□髙島屋大阪店7階催会場
□令和元年5月8日水曜日から5月13日月曜日※最終日は午後5時閉場


 ◆2019ゆかたcollection
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/yukata_collection/
◆2019振袖コレクション
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/gofuku/furisode.html
ページトップへ