TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

2020年 髙島屋オリジナル振袖新作ご紹介 その2

2019.10.09
こんにちは!
新人ブロガーのさよこです。私は衣替えをしたのに暑い日が続いてすっかり参っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は<誰が袖好み>新作紹介の第二弾をお届けします!!

<誰が袖好み>とは
デザインを髙島屋が、製作を京都の老舗「千總」が担当してできたプライベートブランドの振袖です。100%国産繭を使い、図案から色挿しまですべて手作業で熟練の職人が行っています。

今回、ご紹介するのは赤とピンクの染め分けが可愛い一枚です!!

<全体>

振袖:<誰が袖好み>900,000円+税(表地)

赤とピンクの地色にオレンジ・黄・青など、たくさんの色で染められています。ピンク色の部分は絞りになっていて、職人さんが手作業で布を糸でくくって染めています。後ろまでしっかり柄が入っているのもポイント☆

<着姿>

振袖:<誰が袖好み>900,000円+税(表地)
袋帯:<川島織物>880,000円+税(表地)
 
全体の写真だと赤が多めに見えますが、実際に着てみるとピンクが目立ってとっても可愛らしいです!

<足もと>

一番左側の柄が正面足元にきます。紋の中に描かれた梅・桜・菊・橘が可愛いですね。ちなみに、橘は刺繍が施されています。↓↓

 

絞りや友禅といった職人の細緻な技が光る一枚です☆
店頭でご覧いただけますのでお気軽にご来店ください!

振袖デジタルカタログはこちら↓
https://www.takashimaya.co.jp/base/st/store/special/gofuku/2020/book/#target/page_no=3





ページトップへ