TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

「夢こうろ染 特集」今日から展開しています!

2019.10.16
こんにちは!呉服売場ブロガーのもっちーです。

今回は、本日から大阪店きもの売場で展開している「夢こうろ染特集」をご紹介します。

皆さんは「黄櫨染(こうろぜん)」をご存知でしょうか?
黄櫨染とは、平安時代初期、嵯峨天皇の時代に、重要な儀式の際に天皇が着用した衣装に用いられ、天皇以外には着用を禁じられた色として伝えられてきました。
光の当たり具合で色が変化するという非常に複雑で奥の深い染色とされ、染めるたびに少しずつ異なると言われています。

一般の目に触れる機会がなく、正確な染色法も一般には知られてなかった事から「幻の染」と呼ばれていましたが、1992年に染色作家・奥田祐斎氏が歴代天皇の黄櫨染を調査・研究する機会を得て、その謎を解き明かし再現することに成功。新たな色変化バリエーションを加えた染色技法を「夢こうろ染」(ゆめこうろぞめ)と名付けました。

今回、奥田祐斎氏の協力のもと、「夢こうろ染」をきもの売場で展開しています。

「夢こうろ染」の特徴は、「光の当たり方によってきものの色が変化すること」です。
例えば、





この3点は全て同じ色無地の反物です!
室内光、自然光や、光が当たる方向によって、地色が様々に変化するので、1枚の着物でも、様々な色合いをお楽しみいただけます。

きもの・帯以外にも、「夢こうろ染」のスカーフやネクタイなど、様々な作品をご紹介!
また、10月19日(土)には奥田祐斎氏がきもの売場に来場。14時からトークイベントを開催いたします。

大阪店きもの売場で、「夢こうろ染」の世界を体験してみてはいかがでしょうか。

■「夢こうろ染 特集」:10月16日(水)~20日(日) ※最終日は午後5時閉場
■「奥田 祐斎氏 トークイベント」:10月19日(土)14時~
■お問い合わせ:6階きもの売場 直通06-6631-9891
ページトップへ