TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

2017春夏 マストアイテム「オニワッフルパーカー」

2017.05.10
<CSケーススタディ>が自信を持っておすすめする、パーカーアイテムをご紹介します。

 

セルビッチ織機の赤耳タグ付デニム。

吊編み機で織られた柔らかな生地のカットソー。

 

機械による大量生産が可能な現代に、あえて丁寧に時間をかけて生産をする。

 

『シーグリーン』の「オニワッフルパーカー」もその1つ。

 





 

生産場所は大阪・泉大津。江戸時代は全国有数の綿作地で、日本製毛布の国内シェアは90%。

そんな繊維の聖地ともいえる場所で織られる「オニワッフルパーカー」の生地は大量生産が不可能。

日本に今ではほとんど存在しない8ゲージの旧式丸編み機で生産される生地は、1日にわずか50mほどしか編めません。

この編み機で作られた生地はふんわりとやわらかで、軽量。

また2浴染めという2回に分けられた染色工程により、他にはない立体的な風合いに仕上がっております。

 





 

この生地の良さは触れるとすぐわかります。

タオルのような柔らかさの生地は着る人全てを魅了します。

今回<CSケーススタディ>では特別な「オニワッフルパーカー」をご用意しました。

 



 

税込 21,600円

 

こちらの2色は店舗限定となっており、限られたショップでしかお求めいただけません。〈CSケーススタディ〉もその1つです。

ぜひ旧式丸編み機の質感、2浴染めの風合いをその目でお確かめください!

「オニワッフルパーカー」の機能性はこちらでもご紹介しております!(URLhttps://blog-osaka.takashimaya.co.jp/men/post/26678

 

 

■高島屋 大阪店3階 <CSケーススタディ>

■お問合せ:(06)6631-1101 (代表)

 

ページトップへ