TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

大阪タカシマヤメンズ オールホワイトスタイリングご紹介!!

2018.07.17
皆様、こんにちは。

いつも大阪タカシマヤブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

いきなりですがいよいよ夏到来ですね。

各地で猛暑日が続いており、厳しい暑さが続きます。

私も最近では、クーラーを付けたまま寝ていますが、それにより体調崩すことがありました。いわゆる「クーラー病」ですね、、、

なんでも、冷えすぎは良くないそうで、理想の室温は25~28度だそうです。

みなさんも、クーラーの設定温度にはお気をつけください。

 

さて、ここからが本題です。

 

今回は、夏だからこそ、映えるホワイトを使ったスタイリングをご紹介!

明るい色使いで夏のおしゃれを楽しみましょう!





 

暑い夏にぴったりのオールホワイト。

ポイント使いではなく、全身に白を纏うことで爽やかな印象が際立ちますね。

 



<三豊肌衣> 今治タオルシャツ 税込 14,040円 2階紳士ワイシャツ売場

 

愛媛県今治市の老舗タオルメーカー「丸栄タオル」と、香川県三豊市にある縫製工場のコラボレーションにより誕生した逸品「三豊肌衣」。

今治タオル認定生地が使われているシャツ、三豊肌衣のこだわりを説明いたします。

 

タオル地では珍しい細番手の糸 極上の今治タオルに包まれたシャツ「三豊肌衣」で仕事中もリラックス! 三豊肌衣を作るにあたって、第一にこだわったのが糸です。

 

番手とは、糸の太さを表す単位のことで、数字が大きくなるほど細い糸となる。三豊肌衣は、タオルには通常使用しない80番の細番手の糸を使用。(一般的なタオルは20番手から40番手)

 

 

縫製面のこだわりは、ヨークがない仕様であることに加え、裏面がタオル独特のパイル生地になっていること。袖と襟の内側にもパイル生地を使用し、ネームタグもつけず、着用時に肌に触れるすべての部分で、なめらかでふんわりした軽い肌触りを感じられます。

 

使用する糸を綿花の段階から吟味し、心地よい肌触りと吸収性の高さを追求した三豊肌衣は、今治タオル認定の品質基準をクリアしており、さらにパイルがあることにより、シャツと肌との間に空気の層が生まれ、夏は接触面が少なくサラッとしており、冬場は保温機能に優れ、上半身を温かく包み込んでくれます。

 

三豊肌衣は、タオルの特性がそのまま活かされたシャツに仕上がっており、

年間を通して着ていただける優れものです!

 

 

〈AG〉デニムパンツ 税込29,160円 3階CSケーススタディ

 

大阪タカシマヤ メンズではおなじみの〈AG〉のデニムパンツ。

ホワイトデニムのご紹介は初めてですね。

「DYLAN」という〈AG〉の中でも細めのスリムスキニーシルエット。

しかしストレッチ素材なので、スリムフィットやスキニーが苦手な方にもおすすめのデニムです。

バックポケットのホワイトステッチがさりげないオールホワイトデニムです。

 

〈マグナーニ〉スニーカー 税込63,720円 2階紳士靴売場

 

ホワイトのシュリンクレザーとスムースレザーのコンビ使いが特徴のレザースニーカーは、ソールに秘密が。

 



「エクストラライト」と呼ばれる軽量のスポンジを底材に使用したソールはその名の通り「軽い」。さらにソールの中心部分はなんとレザーソール。見えないところにもオシャレを忘れません。

また、「磨り減りやすい」というエクストラライトの欠点を補うために、ヒール部分はゴム底になっているのもうれしいポイントですね。

 

いかがでしたでしょうか。

アイテムごとに特徴があって面白いですね。

売場では他にも多くの「白」のアイテムをご用意しています。

ぜひ、この夏のコーディネートに取り入れてみてくださいね。

 

■高島屋大阪店 2階紳士雑貨売場

■お問合せ:(06)6631-1101 (代表)

ページトップへ