TAKASHIMAYA BLOG大阪タカシマヤ

〈グランドセイコー〉2018年新作フェア開催中

2018.04.18
グランドセイコー新作コレクション
本日から4月24日(火)まで
スイス・バーゼルワールド2018で発表後、早くも話題となっているグランドセイコーの新作モデルを関西でいち早くタカシマヤ ウオッチメゾン 大阪でご覧いただけます。
グランドセイコーが文字盤の「SEIKO」ロゴを外し「GS」としてブランドが独立してから1年が経過しました。ますます知名度を上げ、こちらウオッチメゾンでもヨーロッパなどの海外からのお客様からも問い合わせをいただくほどの人気急上昇ブランドです。

 本日から4月24日(火)まで話題の新作を特別展示し、皆様にお試しいただける貴重な機会となりました。 この機会にぜひお立ち寄りいただきたいのですが 早速、このブログにてほんの一部ですがご紹介したいと思います。

"グランドセイコーブルー"のセラミックスが美しいメカニカルGMTモデルが登場 SBGJ229


<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続けてきたブランド。 新色のグランドセイコーブルーのセラミックスパーツに合わせて、同色のダイヤルを採用し、バーインデックスとGMT針までもブルーで統一することで、ブランドの世界観を強調しています。傷がつきにくい硬いセラミックスと、軽量なブライトチタンとのコンビネーションにより、快適な装着感です。
また、インナーケースをブライトチタン製にすることで、優れた防水性能も確保。
ムーブメントは、平均日差(一日の時計のずれ)は、+4秒~‒2秒と「グランドセイコースペシャル規格検定」に合格した高精度を誇るムーブメントを搭載。今年一押しのモデルです。

↓「GS」の文字を使ったダイヤルパターンが特徴です。




新設計の小型自動巻ムーブメント搭載。待望のレディスメカニカルモデルが誕生


世界最高レベルの高精度を実現し、グランドセイコーの基幹メカニカルムーブメントとして常に進化を続けるキャリバー9Sの誕生から20年を記念して今年は沢山の記念モデルが発売されています。
その中でレディスモデル待望の声に応え、約50年ぶりの新開発となる小型自動巻ムーブメントが誕生しました。グランドセイコーならではの高い基本性能を担保しながら、女性の腕に馴染むコンパクトなシルエットを実現した全く新しいレディスモデル。 K18ピンクゴールドケースは優美なカーブラインを強調したフォルムが立体的で可愛らしさも兼ね備えています。ダイヤルを取り巻く37個のダイヤモンド、視認性と気品を両立させるダイヤモンドインデックスに加え、りゅうずに添えられた一粒のダイヤモンドがひと際華やかです。シースルーのケースバッグに赤いグランドセイコーのマークが入るのはこちらのモデルのみです。
今年こそ一生愛用できる、機械式腕時計を身につけたい女性にぜひおすすめしたい一本です。


白のサテンベルトも付属。


↑本日ご紹介した2本のモデルは、6月上旬頃の発売予定です。





期間中、4月20日(金)発売のモデルも登場いたします。
ぜひ一度、〈グランドセイコー〉新作モデルをお試しくださいませ。


■セイコープレミアムブティック時計無料診断会のお知らせ■
4月21日(土)・22日(日)
各日 午前11時~午後1時/午後2時~5時
期間中、お手持ちの〈グランドセイコー〉〈クレドール〉〈ガランテ〉の時計を無料で診断いたします。
普段のお手入れや、オーバーホールなど気になられることがございましたら、ぜひこの機会にお持ちくださいませ。




タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪
06-6631-1101(代表)
http://watch.takashimaya.co.jp/?site=osaka



ページトップへ